レストランガイドについて

レストランガイドは、書籍や雑誌、インターネットなど様々なものが氾濫しています。

レストランガイドは、本来食事をしたいときに利用者の希望に合ったレストランを見つける為のものですが、あまりにレストランガイドが多すぎてどのレストランガイドを参考にするかを決めかねる始末です。

レストランガイドによって紹介されているレストランは異なりますし、探しているレストランが見つけられないこともしばしばです。

その上、レストランガイドには、とてもポケットマネーでは行けないような高級なレストランばかりであったり、若者のデート向けのレストランばかりが紹介されているものも多々あります。

レストランガイドといいながら、居酒屋やバーなどのドリンク中心の店が多い場合もあり、本当に食事を楽しめるレストランを探すのには苦労します。

さらに、日本全国を網羅するレストランガイドはほとんど見かけません。

東京、大阪をはじめとする大都市や観光地のレストランガイドは多いのですが、地方都市のレストランを紹介したものは非常に少なく、あっても掲載されているレストランが非常に少ない場合がほとんどです。

ちょっと地方都市に旅行や出張で訪れた時に、立ち寄れるその土地のレストランが掲載されている全国版のレストランガイドがあれば便利ではないでしょうか。

また、レストランを利用する人が「健康で何でも食べられる人」ばかりではないという基本的なことに対する情報が掲載されているレストランガイドを見かけません。

ダイエットのために自分の意志でカロリーコントロールしている人もいれば、高血圧、糖尿病、アレルギー、腎臓病等で食べたいものが食べられない人もいるのです。
そうした人がレストランを利用しようとしても、食事制限への対応状況が記載されていなければ、利用できないのが現状なのです。

つまり、レストランガイドはこれまで、健康で食事制限のない比較的若い世代中心のものがほとんどでしたが、今後は、食事制限がある人や中高年以上も意識したものにしていく必要があるということです。

レストランで食事をするということは、自宅での食事とは異なる何かがなければなりません。
単に空腹を満たすためレストランを利用する場合もあるかもしれませんが、多くの場合は特別な時間を過ごすためのものだからです。
そのため、レストランガイドは、そうした特別な時間を演出してくれる素敵なレストランを見つけることができなければなりません。


2008年8月3日
PLATRANT
編集長 栗原達也
 
戻る